FC2ブログ
USAモンタナ州、ウエストイエロースト-ンからのフライフィッシングと日々の生活便り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 心配していた天気も、メモリアルウィークエンドぐらいから晴天が続き、夏本番です。ウエストイエローストンはイエローストン国立公園の西のエントランスの町で、このメモリアルウィークエンドごろから観光客が増え始め、なんと200万人が訪れます。レジデンスの人口は800人程度ですから、もう夏は大変です。
 私の家から公園まではあるいて5分もかかりませんので、毎日ランチはイエローストンの中でのんびりたべますが、バッファローはもとより、熊や今年はオオカミが結構町のはずれまできているのでちょっと怖いかも。。。
 さて、この時期私たちフライフィッシャーをわくわくさせるのが、サーモンフライのハッチです。サーモンフライは日本でいうカワゲラなのですが、日本のカワゲラの数倍もの大きさで、まるでゴキブリです。

IMGP0333_convert_20090530123928.jpg

サーモンフライ


 はじめて見たときは、思わず新聞紙でたたいてしまいそうになりましたが、この方たちは無害どころか、トラウトたちの大好物なのです。このサーモンフライをイミテートしたフライは#4、6なので、使うティペットも3xや2x。
             フライ

おまけにドロッパーで、ラバーレッグなんかをつけようものなら、キャスティングしにくいのなんのって。。。でもうまく、バンク際ギリギリにキャストすると、ガッボーンと音がするくらいに、大きなブラウンが出てくれます。               
            rainbow.jpg


 先日もアイダホのウォームリバーを釣りましたが、空一面にこのサーモンフライが飛んで、それを食べようとカモメが集まっていました。
 初夏の日差しを浴びて、木々のミドリも目に鮮やか。ほんとうにイエローストンの一番いい時期です。

          キャビン

 ちなみにこのサーモンフライはどこにでも生息しているわけではなく、フリーストンの川でハッチします。ですから、この周辺ですと、マジソンリバー、ビッグホールリバー、ファイヤーフォールキャニオン、ギャラティンリバー、アイダホのヘンリーズフォークのボックスキャニオンなどです。
 
スポンサーサイト

【2009/05/29 20:27】 | 釣り
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。