FC2ブログ
USAモンタナ州、ウエストイエロースト-ンからのフライフィッシングと日々の生活便り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 3月にはいってもあまりにも雪が降り続き、グレイの空を見ていると気持ちまでグレイになるのは私だけでしょうか?町はイエローストンのゲートが閉まったので、人っ子一人いないゴーストタウン状態で、行くところもありません。
 本当はリビングストンのスプリングクリークに2,3日いって少し楽しんでこようと思ったのですが、こちらも釣りには寒すぎる天気で困ってしまい、3月下旬にいくはずだったアリゾナへの旅を繰り上げて行ってきました。

 もちろん目的は釣りなのですが、釣りができるリーズフェリーはグランドキャニオンの上流なので、せっかくなのでグランドキャニオンも行きました。いつもは黄色い石に囲まれているので、赤い岩山は新鮮です。セドナにも足を伸ばし、これまた赤い岩山へのトレッキング。青い空と赤い岩。イエローストーンにはない風景です。

arizona2.jpg

arizona3.jpg



 グランドキャニオンの上流にあるコロラド川に作られたグレン キャニオン ダム直下15マイルが今回の釣り場です。巨大なダムの上から川をみると釣り人やラフティングのボートが豆粒のようにしかみえません。
arizona1.jpg

arizona5.jpg

くわえてこのコロラド川は両岸が断崖絶壁で、車でのアクセスがこのダム直下とリーズフェリーのボートランプしかなく、そのあとは300マイルほどは川くだりをするのみだそうです。昔若い新婚のカップルがこのあたりから川くだりに挑戦しようとしたらしいのですが、ある日ボートだけが川岸で見つかり、二人は突如消えてしまったそうです。おそろしいことにボートは何も損傷がなく荷物もそのままだったとか。。両岸には登るところもなく、一体二人はどうなったのか今だ分からないそうで、その話がフッと脳裏をかすめます。
arizona4.jpg

 このあたりは水生昆虫のハッチがないので、もっぱらゼブラミッジ、サンワンワーム、エッグ、スカッドの釣りですが、ちゃんとドラッグフリーにしないと食べてくれませんし、水が冷たく透明なので、魚はとても元気です。17インチぐらいのレインボーが結構つれて楽しかったですし、浅瀬にはスポニングにあがってきたたくさんの魚がみられました。赤い岩に囲まれ、ボートでしか行くことのできない釣り場は、イエローストンあたり釣りとはまた違った美しい自然を楽しむことができました。

arizona7.jpg

arizona6.jpg

 今回のガイドのJD君は夏場はヘンリーズフォークアングラーズのガイドで私たちの知り合いですし、リーズフェリーアングラーズのオーナーも夫の友達ということで、フライフィッシングをしているとアメリカ中に友達がいて、その友達に会えるのも釣りの楽しみの一つです。
 釣り1日目、天気予報は大荒れの天気とでていたのですが、朝起きてみると快晴で微風だったので釣りにでかけましたが、お昼を過ぎたころから風が吹き出し、砂嵐がやってきたので急いでボートランプに帰ってきたのですが、レンジャーが駆けつけてきて、「ここから先は砂嵐が壁のようになっていて車での運転はできない。しばらくここにいるように」とみんなに注意をしていました。空は赤い砂をはらんだ風のせいで、赤黒い色をしています。風が少しおさまったので帰ろうと車を走らせましたが、ときおり砂嵐が追いかけて本当に怖かったです。途中車が数台ひっくり返っていました。スノーストームの次はこの砂嵐。。。大自然の力には人間はかないません。

arizona9.jpg

 荒涼としたアリゾナへの旅と釣りは、イエローストンとは違った自然の驚異を感じずにはいられませんでした。
 
スポンサーサイト

【2009/04/08 14:58】 | 釣り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。