FC2ブログ
USAモンタナ州、ウエストイエロースト-ンからのフライフィッシングと日々の生活便り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年のイースターは素晴らしい天気に恵まれました。青い空に残雪が映えて、そろそろ春かなあと背伸びをせずにはいられませんでした。
      iriguchi.jpg
 
4 月17日にはイエローストンの西口がオープンしますが、実は4月1日からオープンの日まで自転車と徒歩(ランニングも可)だけに公園がオープンしているのです。車が通らないのでとても静かで、晴れた日はお弁当を持って自転車で公園に向います。私などは7マイルブリッジまでいくのがやっとなのですが、マジな自転車族はオールドフェイスフルやノリスあたりまでいくそうです。もちろん今は無料で、この週末はたくさんの自転車愛好家でにぎわいました。
 町の人たちも夕方仕事が終わってから、ゆっくり公園に向かいます。本当に地元の人だけが味わえる春の夕暮れです。
           jitennsya.jpg

 さて、自転車族が町を訪れるころ、同時にもどってくる動物たちがいます。
 大好きなバッファロー。厳しい冬を乗り越えた強くたくましい彼らは町の人たちの誇りです。先日からハイウエーに現れ、みんなに「車はゆっくりはしってください。」と注意がでたばっかりだったのに、朝方車にひかれたバッファローが横たわっていて、かわいそうで目も当てられませんでした。人間の勝手で動物を殺していいものではありません。
       baffaro.jpg

 マジソン川沿いの287号線を走っていると、お山に帰っていくエルクの群れに出会います。その数といったら。たぶん300頭以上はいるはずです。無事にお山に帰っていってほしいものです。
              elk.jpg

 クエークレイク沿いにはビッグホーンシープが現れます。最初は珍しいのかなあと思っていましたが、毎日もぐもぐ草を食べているのに出会えます。
   
         bighone2.jpg

 ロビンやアスプレイ、ブルーバードももどってきて楽しげに飛び回っています。ブルーバードは小さい体なのに、冬場メキシコまでいっているそうです。すごい体力!!残念ながら鳥の写真はなかなかチャンスがなくて取れません。
 この町を去っていくのは白鳥たち。最近みないなあと思っていたら、アイダホのジャガイモ畑で旅の準備をしていました。今頃はどこにいるのでしょう。
       swan.jpg

      

 釣りをしていたら、待ちに待ったベイティスも現れました。お魚の大好物。これでドライフライもつかえるぞ。でも針のかえしはちゃんとつぶして、バーブレスフック。魚を傷めず、ちゃんとリリースします。こんどはもっと大きくなって会いに着てね。
     baites.jpg

 三寒四温とはよく言ったもので、昨日のイースターはとてもいい天気だったのに、今日から3日間ほどはまた雪マークがでています。お天気おじさんはいいました。「がっかりしないでね。まだ4月だし、ここはモンタナなんだから。」

スポンサーサイト

【2009/04/13 11:41】 | イエロースト-ンの春
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。