FC2ブログ
USAモンタナ州、ウエストイエロースト-ンからのフライフィッシングと日々の生活便り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 GWを利用して、日本から知り合いが釣りにきました。前にも書いたように、GWは天候が不安定なのでお薦めしないのです。ガイドのSさんも「この時期にくるのははギャンブルだ」といっていました。知り合いの人は3日間ガイドトリップを頼んだのですが、不幸にも最初の2日は雪で寒くて大変だったそうです。
 最後のガイドトリップをご一緒させてもらいましたが、ラッキーなことにマザーズデイカディスが出始め、おまけに天気はウス曇、水も最近の低温で雪代が少し止まって、釣りができる状態。

        caddis.jpg

 最高の釣りコンディション。ドッピーカンは気持ちがよいけれど、釣りには曇りがいいのです。
 お昼ごはんまではイマイチだった釣りもお昼ご飯をたべて、2時過ぎから魚の活性があがってきました。
       lunch.jpg

 知り合いが釣ったカットスロートもきれいでした。(写真がうまくいきませんでした。スイマセン)

       Cuttey.jpg

 私もカディスパターンのドライフライでいい虹鱒やブラウンがつれ満足満足。
 この川にカディスがハッチできること、健康で元気なさかながいること、不景気でもみんな楽しそうに釣りをして笑い声がこの川にたえないこと。。。。それがモンタナの素晴らしさです。
スポンサーサイト

【2009/05/04 16:43】 | 釣り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。