FC2ブログ
USAモンタナ州、ウエストイエロースト-ンからのフライフィッシングと日々の生活便り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 3月1日は日本もほとんどの川が解禁を迎えますが、モンタナは基本的には5月の第三週土曜から11月末までというのが基本ですが、河川によってずっと釣れる川があったり、マジソン上流のように2月末で禁漁になるところといろいろですから、ちゃんとレギュレーションをよまなければなりません。
 たとえ家の横のクリークであっても、禁猟期には釣ってはいけません。見つかるとチケットを切られますし、だいたいなぜ禁漁なのかを理解できない人が釣りをするのは大間違いです。
 あとモンタナはフィッシングライセンスの期間が変わっていて、3月1日から2月末日までが年券の有効期間。アイダホは1月1日から12月31日で、州によって違います。
 3月1日お店で働いていると、早速ライセンスを買いに来た人。。。トラウトバムのパトリックとニール。私も次の日休みだったので、買って、釣りができるルビーにいきました。帰りマジソンの下流(ここも釣っていいところ)にいくと早速パトリックがボートをこいでいました。

         2_convert_20100304062854.jpg


 フィッシングガイドにやっとなったパトリック。シーズン前に一生懸命がんばっています。今年からモンタナのフィッシングガイドの申請はまたきびしくなりました。いろいろ書類があってややこしいそうです。そういう大変な手続をしてガイドをみんなしているのに、日本人でアメリカの労働許可がないのにフィッシングガイドのようなことをしている人がいます。ガイドもたとえモンタナ、アイダホのボーダーに住んでいてもアイダホのガイドライセンスが無ければアイダホはできませんし、ビーバーヘッドフォレストでは同じモンタナでも違うライセンスがいります。ギャラティンもフォレストサービスの許可が要ります。もしそれを持たずにガイドをすると、本当に逮捕されます。ナショナルパークも同様でいろいろな許可がいるのです。一昨年もちょっとした勘違いだったのですが、うちのお店もナショナルパークから厳重注意されてしまいました。長年パークのアウトフィッターをしていてもそういうことがあるのです。

 日本人相手にガイドをするというのは簡単そうに思えますが、ツアーガイドもフィッシングガイドもちゃんとレギュレーションを熟知しなければなりませんし、長年現地を自分の足で歩いた人のみができる仕事です。どこが危険か、なにをしてはいけないか知っている必要があります。
 モンタナに住んでいるからというだけでできる仕事ではありません。
スポンサーサイト

【2010/03/03 14:33】 | 釣り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。