FC2ブログ
USAモンタナ州、ウエストイエロースト-ンからのフライフィッシングと日々の生活便り
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 春はそう簡単にやってきませんでした。3月終わり、雪が降り始めました。長い長い冬ももう終わりといったときにの大雪。疲れ切った気持ちには絶えられないものです。
 ということで、この町の人たちはこの3月、4月に一週間ほど休みを取り、太陽光線を浴びに出かけ、長い冬の疲れを癒すのと忙しい夏に備えます。
 今年は日本で釣りをしたかったのですが、日本もなんだかすっきりしない天気のようでしたし、TAXリターンだとか他の人の休暇だとかなんやかんやしているうちにいきそびれてしまい、恒例のアメリカ国立公園の旅に変更。候補は「ワシントン州のオリンピック半島」「ユタのザイアン、ブライス国立公園」「CAのデスバレー」「CAのレッドウッド」と行きたい所たくさんでしたが、ワシントン州にはいるスノコルミーパスがチェーン規制がかかるほど雪がふっていることや私が魚を食べたいということで、今回は「北カリフォルニア レッドウッド」に決定!!

 ところがカリフォルニアにここから行くには、I-84のシエラネバダ山脈を越えねばならず、いったん雪が降ると「シエラ セメント」といわれるくらい、湿った重い雪が一気にふるのでモンタナより危ない道です。前にフィッシングショーのためにその道を通ったのですが、もうダメかもと思うくらいひどい雪で、天気予報はあさってから雪。今回もそうなったら大変なので出発を早めました。

                 redwood1.jpg
 ところが途中一泊したネバダのエルコの朝。。。。2インチの雪が積もっていて。。。嫌な予感。。。。

 私はずっと天気図とにらめっこして、ストームが夜の間に去ったことと明日まで雲がシエラネバダにかからないのを確認。無事ドナーパスを越え、その日の午後カリフォルニアに入りました。
 カリフォルニアは日本のように菜の花が咲き乱れ、新緑がきれいでした。いつもこのドナーパスをこえ、サクラメントに入る前にある小さな町で日本の春を思い出します。ところが、道端には野生のターキーが。。。。これは日本にはない風景ですよね。

                 redwood2.jpg
 
 途中よったコーストラインのメンダシーノやフォートブラッグでは海岸線にモンタナのビタールートに似た花が咲き乱れ、その中をずっとトレイルがあるので、歩くことができます。リス君もお花の中で楽しいそう。

                 redwood3.jpg
 
 メンダシーノのかわいいパン屋さんの庭先にはお花が咲き乱れていました。
                  redwood4.jpg

 寄り道をしながら、やっとカリフォルニアの北の端にある、クレソンシティーに着き、近くにあるレッドウッドの森に行きました。たくさんトレイルがあるので車を止め、レッドウッドの森のハイキングです。レッドウッドの森にはグリズリーベアはいませんから、結構気持ちが楽です。でも夫がマウンテンライオンもブラックベアがいるからいやだといっていましたが。。。。
                  redwood5.jpg

 木だけだと大きさが分かりにくいのですが、人間と比較するとすごい大きさ。一番古い木は2000年前のもの。平均でも400、500年だそうです。アメリカのモントレーあたりからワシントン州あたりまでに生息するこのレッドウッドは建築用に乱伐されていたそうですが、どうやってこんな大きな木をきって運ぶのかしらと思ってしまいます。今はレッドウッドはカリフォルニア州と合衆国の公園として伐採が禁止されています。
                  redwood10.jpg
 
                  redwood7.jpg

 さて今日のお宿はと探しているうちに、昔たった一本のレッドウッドの木で作ったという小さなモーテルを見つけました。古いモーテルでしたが、とても清潔でなんと一泊$60。オーナーのおばあさんがとても親切でした。
                  redwood8.jpg
 
 モーテルの前には、いかにも漁師町って感じのシーフードレストランがあり、そこで食べた「アサリ蒸」がおいしすぎて、また次の日もそのレストランへ。フィッシュ アンド チップスのお魚も冷凍でないのがわかるくらいおいしいし、なんといってもウエイトレスさんが地元のおばさんって感じで非常にフレンドリー。きっとオーナーは網元なのでしょう。富山湾の新鮮な魚で育った私にはたまりません。モンタナはいいところですが、新鮮なお魚が手に入らないのが非常に不満。。。。今度こんなおいしい魚が食べれるのはいつかしらと思うと、また悲しくなってきました。

                 redwood9.jpg

 北カリフォルニアは南カリフォルニアと全く違った雰囲気で正直びっくりしています。もちろんたくさん人がいて騒がしいのでしょうが、自然が豊かで人もモンタナの人のように温かい感じがしました。

 イエローストーン、ティトン、ヨセミテ、オリンピック半島、グランドキャニオン、アーチーズそして今回のレッドウッドと国立公園をいくつも歩いてきました。日本の中部山岳国立公園のふもとで育った私にはこういう旅があっているのだと思います。だいたいLAにいってもビバリーヒルズでお買い物するお金は無いのですから。

 モンタナに帰ってきてみると、解けたはずの雪がまた道に山積み。。。。もう少しカリフォルニアにいたかったなあと思ってしまいました。

 


スポンサーサイト

【2010/04/12 14:24】 | 自然保護
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。